読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

液晶モニタ LG L245WPのHDMIで画面がずれる問題を解決したお話

10年物の液晶モニタ「L245WP」がHDMI接続すると画面が半分ずれたような状態になる症状を解決したお話です。今頃こんなモニタのネタを出しても、と思わなくもないですが…。

 

このL245WPちゃんは接続端子がHDMI、RGB、そしてなぜかコンポーネント端子という不思議な構成です。そしてHDMI端子がひときわ曲者で、PCが繋がっているモニタをテレビと勘違いして余計な処理を行ってしまい画面が変に映る癖があります。この不具合、本来ならLGのサポートで中のファームウェアと修正版に書き換えることで解決する、というかしていたみたいですがサポートなんかとっくの昔に終わっていて今はあてにできません。困った。

 

しかし世の中凄い人がいるもので、自分たちでなんとかしてしまう手を考えだした方がいます。その中の一つがこちら。実際の細かいところはよく理解できていませんが、それによるとEDIDのCEA拡張ブロックが無いという設定にすれば丸く収まる模様。そしてそのEDIDはEEPROMライターなどなくてもHDMI端子から書き換えることができるとか。L245WPの手順はこうです。

 

  1. MENUボタンと電源を同時押しして電源を入れ、サービスマンモードに入る
  2. MENUボタンでメニューを出してサービス情報からAGINGモードをONにする
  3. この状態でEDID WriterのddcwをDOSから起動し「ddcw -f edid.dat」を実行する

書き込むEDIDのデータは同じくddcwコマンドで取得できるのでテキストファイルに保存し、127バイト目の01を00へ。128バイト目のチェックサムを+1することで作成できます。

 

ddcwはいわゆるDOS窓(コマンドプロンプト)から起動することができません。XPなども持っていないので試しにFreeDOSで試してみた所うまく行きました。凄いな、FreeDOS

 

もう一点ハマった点としてモニターのAGINGモードをONにすることでした。これをエージングモードと思っていましたが、実際にはエージェントモードと思われるようでこれをONにしていないとサービスマンモードでも書き込みに失敗します。

 

そして最後。ddcwで書き込む時に使うグラフィックボードはnVIDIAの古いGeForceが推奨されています。推奨というか元々が古いプログラムで新しい物に対応していないようです。AMDのHD4000世代、Intel HD Graphics 3000/4000世代はポート?を開けない旨のエラーが出ました。実際にうまく行ったのはGeForce 8600GTSを詰んだELSAのボードです。HP dv3000という古いノートPCに乗ってた8400M GSでもEDIDは読めたのでこちらも大丈夫かと思われます。ただし読むためにはddcwでポート指定「ddcw -m 1」が必要でした。

 

ここまできてようやくEDIDの書換えが完了。画面がずれて出力されていたPCに繋ぐとちゃんと綺麗に表示されていました。なぜこんな古いモニタに固執するかと言いますと、実はこのモニタ、貴重なWUXGA (1920×1200)モニタなんですよね。やぱり縦が1200もあると使い勝手が違います。

 

このモニタが使えなくなってからBenQのGL2750を使っていたんですが、色・ガンマ・コントラストがおかしいのにうまいように微調整できない、文字がぎらついて見え目が疲れる、見る角度による色変化が大きい、とちょっと普段使いには辛い物がありました。こちらは別の用途に移ってもらって、L245WPを復活させようと考えたわけです。

 

EDIDの書換えが必要な事は滅多にないようですが、PCのレジストリや専用の機器でオーバーライドする事があるらしく、こういうことがあると知っていて損はないかと思います。

DesignSpark PCBでアクティベーションができない件

フリーのプリント基板CADにDesignSpark PCB(以下、DSPCB)というソフトがあります。最近バージョンアップして8.0になりました。今回のお話はこのDSPCBでアクティベーションが通らなくなった件です。

 

DSPCBのアクティベーション問題については公式ヘルプにもあるアクティベーションを再要求される問題が有名?ですが今回の件はこれとは違いました。アカウントでログインしてアクティベーションを行うと上限数に達した旨のメッセージが出て、それから先に進まないという状況です。

 

You have exceeded the maximum number of activations

 

アクティベーションできる台数については同じDesignSparkシリーズのMechanicalにある6台という情報以外には辿り着けませんでしたが、PCBも同様に上限数がある模様です。なぜこの上限にかかったかと言いますと、恐らく再インストールを繰り返したことに原因がありそうです。しかも自宅のデスクトップの他、外で作業するためのノートPCを故障で入替えたりしたため余計にカウントが進んでしまったものと考えられます。

 

肝心の対処法ですが、サポートに問合せた結果アカウントを別途作る以外に現時点で対処法はないとのことです。アクティベーションのリセットについても実装を検討しているそうですがリリース時期については未定との回答でした。同種の問合せは受けているのでしょうか。テンプレ回答にしてもなるべく早く対応して頂けると助かります。知らないうちに上限に達してその度にメアドを取得しアカウントを作る、なんて事は勘弁願いたいです。

はてなブログにお引っ越ししました

ココログBloggerなどなどあちこち渡り歩いてきましたが、はてなブログにお引っ越ししてきました。

 

Bloggerの方にもとりあえずの最後の記事として書きましたが、Googleの他のサービスとの連携(特に画像関連)を期待していたものの、結局あまりサービスとして進歩がないなぁと思ったのが大きな理由です。でもはてなブログSSL対応の目処が立っていないんですってね。これから先SSL対応は必須と言われているんですが、どうなるんでしょうね。

痔瘻になったお話 その壱

最近、周辺で痔瘻になって入院された方がいらっしゃいました。かく言う自分も羅患したことがあり、当時を思い出したのでちょっと書いてみることにします。あくまで体験記ですので医学的な誤りを含むかもしれません。その辺はご了承ください。

おそらく複数回にわたって記事にすると思いますが、いちばん大切なことは始めに書いておきます。もし、痔瘻になった、痔瘻かもしれないという方がいらっしゃいましたら体験記を漁るのではなく早めに受診される事をお勧めします。痔瘻はほぼ自然治癒しません。放置すると摘出する部分も増えますし、治るのが遅くなるばかりか肛門摘出からの人工肛門があり得ます。

ではここから本題。

事の発端はある年の年の瀬、12月ぐらいでした。お風呂に入っているとお尻の肛門後ろっかわにオデキができているのに気が付きました。触るとヒリヒリ押すと痛く、粉瘤のような感じです。普通に座ることはできて触らない限り痛くないのでたまたま腫れたと思い込み放置していました。

それから一月もしないうちにオデキが潰れました。ちょっと膿が出て腫れは引いたのでこの時点で完全にオデキだと判断。潰れた時にできた傷もすぐに塞がるだろうとオロナインを塗って気にしないことにしました。これが本当によくなかったです。

オデキが潰れてから数週間、オデキの穴はなかなか塞がらず、膿のような匂いのあるさらさらとした液体が漏れ出すようになりました。下着が汚れるわ穴は塞がったかと思えばすぐに穴が空き…。さすがにおかしいと思って恐る恐る病院に行ったのがこの時期です。この時点で早くも5月に近くなっていました。

で、診断の結果は見事に痔瘻

実は穴が塞がらない時点でネットで調べなんとなく痔瘻だろう、とは思っていました。ただしここで痔瘻と完全に判断せず病院に行かなかったのはある理由があります。痔瘻は肛門内部のヒダにバイ菌(膿)がたまり組織を侵食して痔瘻管を作り出します。その過程でお尻の内部に膿溜まりができ酷い腫れと痛みを伴います。腫れの大きさはだいたいゴルフボール大ぐらいでしょうか。体験者の方のブログ記事を読んでもだいたいそうでした。自分の場合はこの大きな腫れがなかったんです。それは、腫れが表皮近くにできたことと小さいうちに潰れてしまい痛みがなくなってしまった事にあります。

この時点で痔瘻が発症してからほぼ半年が経過していました。その間に痔瘻管は成長してしっかりとした形で切り取られました。実際は痔瘻が確定してからひと月後に入院して手術、その後も一月ちょっとの入院生活がありました。この辺のお話はまた次回以降に記事にします。

Theta Sを買ってみた

かわいい子供(※自分の子ではございませぬ)の成長記録写真を残したい!!
周りの大人の記録も残ればなおよし!!

ということで買っちゃいました、RICOH Theta S

スティックの先にレンズがついてる不思議な形をしていますが、れっきとしたカメラです。魚眼レンズが2つついていて、360度全天写真が取れるスグレモノです。これで写真を撮れば、子供はもちろん周りの大人も写ります。楽ちんですね。

発売されて久しいデバイスですので電池の保ちや使用感は他の方のブログなどにお任せします。買ってまだ一週間も経っていませんが何かあるたびにシャッターを押しています。人や風景の記録に思ったより便利ですでに手放せません。


開発用APIも公開されていますので何か作るのも楽しいでしょうね。IoTも流行っているので家庭内撮影からの画像認識なんかもいいかと思われます。

ぼちぼち使用したら実際の写真をアップしたいと思います。

今月の作ってみた…1月編

なんとか維持できている「今月の作ってみた」です。

11月にシナベニヤで作った12面体スピーカーですが、3Dプリンタで枠を作ったらドライバーだけで組立てができて楽ちn…キットにできるんじゃないかと思った次第。そこで、枠同士を接続、固定するナットホルダーや枠自体にスピーカーを取り付けやすくするナット埋め込み用の穴を追加するなど設計変更を行いました。で、実物を作るべく寝る前、仕事に行く前に3Dプリンタのスイッチを入れる日々を過ごしておりました。

今回新たに作ったナットホルダーはこちら。スピーカーの頂点内側にあてがい、表からネジで固定します。



一組分できたところで仮組み。



完成品はこちら。クリアグリーンのフィラメントを買ったので正面1個だけスピーカーグリルの色を変えてみました。筐体をクリアで作れば音で色の変わるLEDを仕込めます。



なお今回は木製がバスレフ型に対して3Dプリンタ製は密閉型です。気に入らなければバスレフを付けたパーツを作り入れ替えるだけで特性を変えることができます。

鳴らしてみた感想としては、思ったより音がビビらず普通に鳴る感じです。低音はほぼスカスカ、高音は木製のものより出ているご様子。枠の内部をフィラメント節約のためほぼ空にしているのも何かしら影響していそうです。木製とここまで特性が違うと面白いですね。


このスピーカーは色んな方に興味を持って頂けてるみたいです。TUKUDDOさん辺りを交えて何かしたいと思いますので、他の工作ネタに浮気しつつもう少しこのスピーカーネタが続くかもしれません。


余談なんですが、3Dがプリンタのプラットフォームに貼るシート。物によって滑らかな表面だったりざらついた物だったり多様なわけですが、これによって造形物表面の感じが変わるので面白いです。光沢やヘアライン加工、シボ加工風などいくつかセットになったシートをどこか発売していただけないかと思う次第。

今月の作ってみた…12月編

あけましておめでとうございます。

年末年始はどうもばたばたしてしまっていけませんね。先月作ったものをアップするのをすっかり忘れていました。

今回作ったものはクリスマスの装飾に使うリーフです。


nitteruさん(@nitteru)が投稿した動画 -

使ったものは、ずっっと前にはやぶさプラモを作った時に余った光ファイバーと百均で買ったリーフとその他装飾品。マイコンボードとしてArduino Pro Mini互換機。LEDはマイコン内蔵のPL9823-F8秋月電子通商から購入しています。

このLEDをArduinoから制御する方法は探すと色々出てきますが、Switch Scienceさんの記事がわかりやすいかもしれません。今回は虹色グラデーションのみで、凝った演出はしていません。LEDの光をファイバーに入射するために3Dプリンタで黒い筒を作っています。この筒の先端からLEDを差し込み、もう片方の先端から光ファイバーを差し込んで突き合わせにしています。固定はホットメルトガンです。

その他工夫したところとして、光ファイバーの先端をハンダこてで炙って丸くしています。これで光がちょっと大きく見えるようになって見栄えがします。

クリスマス前からずっと点けっぱなしにしていますが、自称10000mAhのモバイルバッテリーで約4日ほど持つようです。日頃から薄暗い玄関を色鮮やかに飾ることができました。


もうすでに1月と言うことでぼちぼと1月のネタを考えないといけません。冬季休業中に作業するつもりでいたのですが年末の忙しさでネタを思いつけていないので、残りの休み中に何かしら考えたいと思います。どうしても思いつかなかったら、3Dプリンタで作る多面体スピーカーか、ボイド管使ったスピーカーですかね。どちらにしろ、作業時間がとれますように。