「はやぶさ」が帰ってくるかも

昨日のカラオケで聞いた、鋼鉄兄弟のBRAVE HEART。
あれを聴く度に、ぐるナイゴチになります!を思い出すのは自分だけじゃないはず。


まぁ、そんな事は置いといて。

小惑星ITOKAWA(イトカワ)までサンプル採取に旅立った、小惑星探査機「はやぶさ」。
リアクションホイールの故障や、採取の際のトラブルで地球に帰ってこれるか微妙だったものの、帰還への望みが出たようです。

JAXAによると、今まではやぶさは、サンプル採取の後にガス漏れや外乱の影響で姿勢が乱れ、その後バッテリー切れによって電気系統がリセットされていた模様。

そんな中、8〜32bpsと言う信じられないぐらいの低速で通信を行い、探査機の位置や速度を把握したと言うからスゴいの一言。
はやぶさ自体が受動的に安定するように作ってあるって言うのもスゴいんですが。

今後は帰還に向けた運用を行うようです。
とは言え、まだ探査機が正常に動作するかも怪しく、大分厳しい運用になるっぽいですが。


小惑星へ着陸したりイオンエンジンで最も遠いへ行ったりと、色々初仕事をやってくれたはやぶさですが、ここまで来たら地球まで帰ってきて欲しい所。
関係者の皆さん、引き続き頑張って下さい。

地球に帰還するのは2010年の予定。その時自分は、順調なら社会人2年目をやってる頃ですかね。