こんなのがあったとは。

カテゴリを「映画 テレビ」にすべきか迷ったのですが、一応「アニメ作品」と言う事でアニメカテゴリへ。

何の話かと申しますと、今日スターウォーズのアニメ版なる物を見せてもらいました。
院試前に何やってんのとは言わないで(^ ^;


元がアメリカの物だけあって、やっぱり絵もアメコミ風…と言うかアメコミ。
太い眉毛、角ばったアゴ。何時にも増して自信ありげなニヤリとした笑顔。

まぁ、そんな物は頭30分観れば慣れるんですけどネ。でもやっぱり、実写版のほうが好きです。

話し的には、エピソード2とエピソード3の中間。
アナキンがジェダイの騎士に任命されたり、C-3POが金色になった理由とかトリビア的な要素も。

絵はともかく、引き込まれる話はやっぱりSWだなと思った次第。
実写版より、若干ジェダイの動きが有得ない事になってたりしますが、気にしない。


これはこれでSWなんですが、ちょっと別物を見ているようで新鮮味はありましたね。


最後に。
マスター・ヨーダの顔が怖かった…。
そして、あの可愛かったアナキンがあんなゴツい青年になるなんて…。