もっさり具合

Celeron 2.4GHzを積んでる仕事研究室用のPC。
元はWillametteコアのPentium4 1.7GHzだったのを換装して今の形になってる訳ですが、やっぱり動作が鈍いのが気になり始めまして。

たぶん自宅にAthlon64 X2に追い出された格好のAthlon64 3000+があるから…もあるにはあると思うんですが、にしても不便だと思えるぐらいのもっさり加減。
デュアルモニタ環境でアプリケーションを多重起動してるのが悪いのかも知れませんが。

でもHDBENCHで似たようなスコアを出すAthlon64 3000+はもうちょいサクサク動いたような…。
あとDDR400のメモリをDDR266でまわしてるのが何となく悔しい


と言う事で939Dual-VSTAを見てるわけですが、もう売ってる所がごく少数。

このマザーだと、追加購入は4pinPWM対応のCPUファンぐらいなので諸経費込みで15k円以内には収まる…はず。
他の部品は全て流用が出来ますので。


そんなこんなで出来る事なら早めに買いたいんですが、今のPCもOSのクリーンインストールで多少軽くなるかも分からない。
さらに、ぶっちゃけ使えないわけでもないので中々買う踏ん切りが付きません orz
PV3買ったお陰でそこまで余裕があるわけでもないですし。


売り切れそうなギリギリまで粘ってみるか、このままCeleron機を続投か…。