読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱりか!

CentOS 5.3がリリースされたので恐る恐るyumでアップデート。

・ (たぶん)300ちょっとのパッケージが更新され、いざ再起動

カーネル選択後、ATA1のsoftresetが云々と言うメッセージが出る

・ しばらく待ってデーモンが次々と立ち上がり、グラフィカルな起動画面が出た直後に画面が乱れる

・ リブート

と言うことで、起動しなくなりました。あー、なんか嫌な予感はしてたんだよなぁ…。

少なくとも、パッケージで提供されている物は独自にビルドした物への置き換えはしてないので依存関係は問題無いはず。カーネルとか(特にグラフィック)ドライバ周りが多少怪しいような。

とりあえず一つ前のバージョンのカーネルで無事起動する事だけは何とか確認。今はその状態で運用してます。

まったく。スキルも無いのに不用意にアップデートなんてする物じゃありません(´・ω・)