カワイイLinux

多分Boot時の画面やデスクトップが可愛い事で有名なBerryLinuxがバージョンアップしたようです。


BerryLinuxは、FedoraCoreをベースとした1CD-Linuxで、新バージョンの0.60からFedoraCore4ベースになったようです。

個人的には、OSが壊れたときの緊急用や、新しくPCを組み立てた時の試験用OSとして重宝しています。

あと、たまにあの起動画面を見たくて無駄に起動してみることも多々(ぇ。

普通のLinuxなら素っ気無い黒地の画面に白い文字がつらつらと流れるだけですが、BerryLinuxは、非常にカラフルで見ていて楽しいです。
その中身を理解できるかどうかは別として

X-Window起動時も、進捗情報がグラフィカルに表示されます。
起動後も、デスクトップのアイコン文字が手書きフォントを採用していたりして「ホントにLinux?」みたいな感じが味わえるかもしれません。


で、実はBerryLinuxはCDだけではなくHDDにインストールも出来る”ようです”。
インストーラが付属していますが、一度としてうまく行ったことが無いですが。


とりあえず、今の環境は崩したくないけど、Linuxと言うものを触ってみたいという人にはいいかも知れません。
起動してるだけで、PCが使える人っぽく見られるという長所もあります(多分





【追記】
起動確認をしたところ、いつのまにかBerryLinuxのデスクトップのフォントが普通の文字になってました(^ ^;