パンク修理へ

自転車に引き続き原付までパンクしてしまい、生活の足がホントに自分の足だけに。

このクソ暑い中、片道2km以上も歩いて買い物…という事態にリアルでなりかねないためパンク修理に出してきました。


ちなみにGSの腕はあんまり信用ならんかったので(ヒデェ)、こじんまりとした個人経営のバイク屋さんへ。

色々調べてもらった結果、どうやら釘を踏んづけた模様。
バイク屋のおじいちゃん曰く、パンクの場合水などを使ってパンク箇所を見るのが普通で、それをやらなかったGSはちょっとねぇと言うお話。

GS持ち込まなくてよかった…のかも。まぁ対応する人にもよるんでしょうが(^ ^;

ちなみに、パンクは釘などで穴が開くタイプとホイールとの噛み合わせ部分が劣化するタイプが多いんだとか。
今回は前者で、引き抜いた結果1cm弱の錆びた釘が刺さってました。

また、釘が刺さってたのに空気がジワジワと抜けていくのは最近のタイヤがチューブを必要としないタイプだかららしいです。
もしチューブタイプだったら、走行中に一気に空気が抜けて大変なことになる模様。怖っ。


あと面白かったのがパンクの直し方。
自転車だと、チューブがあるんでそれを取り替えるかパッチを張るのが普通。

それがバイクとかだとチューブが無いんで、開いた穴に抜けないような突起の付いたゴムを差し込んで接着という方法を取る模様。
タイヤの厚みがそこそこあるんで、一見貧弱そうなものの実は割と丈夫らしい。

いやぁ…ほんと勉強になりました、ええ。


他にも修理中に色々なお話を聞きまして、既にそろそろ10年物になりそうな我が原付は実は耐久性のあるエンジンを積んでるみたいで故障が少ないとか。

古い原付のエンジンは2ストロークエンジンでピストンが縦方向に動くものが一般的だった模様。
それが今の車と同じ4ストロークになり、ピストンも水平が多くなって故障したら結構高くつくらしいです。

なんで4ストロークが故障が多いとか水平、垂直の差という物は分かりませんが(^ ^;

という事で燃費はともかく無駄に丈夫なんでまだまだ使える感じ。よかったw。


こんな感じで雑談を交えつつ、タイヤの修理は1時間ほどで終わり他にもブレーキの調整やら色々してもらって無事に復活しました。
最悪徒歩生活は避けられたので、ほんとよかった。

あと、モデル別のエンジンの型番とかを普通にソラで言えるおじいちゃんに普通に癒されましたw。
また何かあったら是非お世話になろうかと。