ビデオサーバー

最近、余ったTVキャプボードでビデオデッキ代わりの事をさせてます。

普段はそんなにテレビ見るほうでも無いんですが、慣れてくると色々と不満点も出てくるわけです。


とりあえず、列挙してみると…

・録画後、サスペンドに移行できない。
・外出先からのとっさの予約に対応できない。
・録画したものの把握が難しい。
・外部からアクセスしてストリーミング出来たら幸せ。

とーまぁ、こんな感じです。

サスペンド云々に関しては、メーカー各々で対応している所もあるようですが、如何せん汎用性がありません。
かといって、常にフルで付けっぱなしは環境とお財布に全然優しくない。

外出先からの予約は、割と重要な要素では無かろうかと。
最近、俗に言うゴールデンタイムは学校に居る事が多いですし、大体見たい番組なんてふと気が付くものですって(多分。

録画したものの把握は、PCに面と向かっている時はファイル見るなり何なりで確認できますが、サムネイルや録画日などの情報があったらいいのではないかと。
複数の番組を録画している場合とか特に。ごちゃごちゃになったら分かりにくそう。

外部からのストリーミングは、ちょっとした確認や外出先から観るときとかに便利そう。
観たくても観れないときとかって結構ありません?


と言う事でこれらを実現するには、httpdで予約画面や録画した番組一覧、予約状況などをCGIなどで実装。録画機能本体はスクリプトCGIに吐かせるなどしなきゃいけないわけです。

で、具体的な方法を探るためにネットで色々調べたんですけど、これがまた…。

以下はLinuxにおいてです。

動画のフォーマットは、MotionJPEGが一般的なようですが画質や容量についてイマイチよく分かりません。
とりあえず、録画後に変換という形で先人の皆さんは対処しているようです。

DivXで直接録画も出来るようですが、多分画質に期待できません。

あと、キャプチャーボードもえり好みするみたいです。
個人的にはマルチメディア系には弱いという印象があるLinuxですが、Video4Linuxというのがあるらしいです。
これに準拠しているボードなら何とかなるとの事。


とりあえず、VGAサイズでソフトエンコに耐えられるほどのLinuxPCは今のところ余ってないのでCeleron400MHzのサーバーをちょっと改造して試してみようと思います。

多分、320*240@24fpsでも大分辛いような気がしますが。
いっそのこと、Sempronでも買ってしまおうか。

こういう時に、Aopen通販のPenMマザーの修理品が魅力的に見えたりします。