不快指数計的な物を作ろう。

7月とは言え鹿児島はいまだ梅雨真っ只中。気温はそれほどでもないものの湿度が高くてあまり快適とはいえない日々が続いております。

湿度や温度で不快と感じるかの指数「不快指数」なるものがあるようですね。一部時計などにも実装されておりまして、エアコンや熱中症対策に参考にされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。…いらっしゃるのか??

で、ここからが本題。この不快指数に応じて色が変わる不快指数計…というよりはオブジェ、ガジェット的なものをつくろうと思います。素直に数値で表示しないのはありふれていて芸がないから。凝り過ぎるとだいたい前に進まないものなのだよ(・∀・)。感じとしては机の上や車の中などに置いておいてふとした時に目に付く物、ぐらいを目指したいと思います。

初回は電子回路の設計についての妄想。
  1. センサーからの情報を読み取ってマイコンで不快指数を計算。フルカラーLEDで表示。
  2. センサーの種類は温度と湿度。
  3. マイコンは8ピン程度のPIC
  4. 電源は5V入力。バッテリー内蔵は追々考える。
  5. フルカラーLEDは非力なPICを使うのでRGBそれぞれをダイナミック点灯できないか試してみる。
  6. 外装もあとあと考える。乳白色の樹脂箱に入れられたらいいけど、一昔前に流行った光ファイバでも可。
今後飽きなければちょっとしたメモと一緒に記事にしていく予定。最近は製作過程よりも完成品を最初にばーんと見せて、こう作りました!ってのが主流っぽい(特にニコニコ技術部)けどそんなの気にしない。

もしかしたら途中でセンサー増やしたりPCに繋げたりと逸れるかもしれない。飽きてやーめた、なんてことにもなるかもしれない(これが一番可能性高い)。まぁ、それも一興ということでひとつ。