不思議

珍しく、天理対国士舘高校野球中継を珍しく見てます。
ただいま延長戦へ。劇的な同点で振り出しに戻った試合ですが…10回の表に天理が大幅リード。

何がおきるか解らない所が、中々面白いものですな。野球については何も知りませんが。


ところで、ヤフトピのニュースを見ていたらこんな記事が。
<黙とう>甲子園で広島代表校が提案、高野連が制止(削除済み)


記事によると、原爆による犠牲者に対して参加校と共に黙祷をしようとした所阻止されたようです。
その理由が…

「原爆は広島だけのこと。この場でみんなを巻き込むのは良くない」

(;゜Д゜)ナ、ナンダッテー

と言うか、記事の題だけ見るとスゴく不祥事的な雰囲気が(^ ^;

実は、8月15日の終戦記念日に全体行事として行われる黙祷とは別に全体でやろうとしたっぽいんです。
ですから、高野連としてはそれはちょっと…という事になったらしいんですが…。

原爆投下の日、ちょうど全国からの参加校が集まる開会式に黙祷したいと言う気持ちも分からなくもないです。

結局何が言いたいかと言うと、高野連の原爆を広島だけの事と考える事がどうかと思ったりするわけです。
戦争は広島がやっていた訳じゃないですし、原爆については日本…というか世界全体で考えるべきじゃないかなと。

…何で他人事になるんだろうか。


確かに同じ原爆を落とされた長崎に対して不平等感が漂うし、広島だけ特別扱いなような感じもします。
広島の3日後(だったかな)に長崎でも多くの被害者が出てますし。

実際、ワタシの地元でも「本土決戦」が本当に起きそうな事もあり、大変だったようです。
防空壕の数も半端じゃないし、特攻基地まで作られました。


まぁ、なんと言うか、1回目の原爆投下の日を踏まえて戦争を考える…と言う事じゃダメだったんですかね。
大体、原爆投下の日も終戦記念日も戦争について改めて思いを巡らすにはいい機会であって、その日自体に差は無いのではないかと。


全体に対して、公平で偏りが無いようにしなきゃいけないのは分かるんですが、もうちょっといいやり方があったような気がしてならんのです。


【追記】
何か読んでいて変だったので書き直し。基本的なスタンスは変えてませんが。