読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今月の作ってみた…1月編

電子工作 作ってみた スピーカー
なんとか維持できている「今月の作ってみた」です。

11月にシナベニヤで作った12面体スピーカーですが、3Dプリンタで枠を作ったらドライバーだけで組立てができて楽ちn…キットにできるんじゃないかと思った次第。そこで、枠同士を接続、固定するナットホルダーや枠自体にスピーカーを取り付けやすくするナット埋め込み用の穴を追加するなど設計変更を行いました。で、実物を作るべく寝る前、仕事に行く前に3Dプリンタのスイッチを入れる日々を過ごしておりました。

今回新たに作ったナットホルダーはこちら。スピーカーの頂点内側にあてがい、表からネジで固定します。



一組分できたところで仮組み。



完成品はこちら。クリアグリーンのフィラメントを買ったので正面1個だけスピーカーグリルの色を変えてみました。筐体をクリアで作れば音で色の変わるLEDを仕込めます。



なお今回は木製がバスレフ型に対して3Dプリンタ製は密閉型です。気に入らなければバスレフを付けたパーツを作り入れ替えるだけで特性を変えることができます。

鳴らしてみた感想としては、思ったより音がビビらず普通に鳴る感じです。低音はほぼスカスカ、高音は木製のものより出ているご様子。枠の内部をフィラメント節約のためほぼ空にしているのも何かしら影響していそうです。木製とここまで特性が違うと面白いですね。


このスピーカーは色んな方に興味を持って頂けてるみたいです。TUKUDDOさん辺りを交えて何かしたいと思いますので、他の工作ネタに浮気しつつもう少しこのスピーカーネタが続くかもしれません。


余談なんですが、3Dがプリンタのプラットフォームに貼るシート。物によって滑らかな表面だったりざらついた物だったり多様なわけですが、これによって造形物表面の感じが変わるので面白いです。光沢やヘアライン加工、シボ加工風などいくつかセットになったシートをどこか発売していただけないかと思う次第。