読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山口に行ってまいりました

9月の3連休に山口いこーぜ、と友達に言われてたのを2日前に思い出す(ぇ。

と言う事で1泊2日で山口へ行ってまいりました。今回この時点で車が故障してたので今回は新幹線で行ってきました。経路的には、

鹿児島中央新八代→博多→新山口湯田温泉

となります。往復で2万6千円ぐらいだったんでまあこんな物かと。今回は友達に会いに行ったので宿代浮くしね(ぇ。いや、ちゃんと焼酎やら色々お土産買って行きましたよ?お世話になるんだし。


で、具体的に山口で何をしてたかと言うと、もう書いたとおり友達に会いに行くのが主目的。その流れで周辺の観光地を回ろうと言う事で秋芳洞と萩へ行ってきました。

実は山口には鹿児島から自分が、岡山から某SI氏が。さらに山口の友達(以下リー氏)は当日仕事で夜から合流と言う事でまずはSI氏と合流することに。で、自分がうろうろしようとちょっと早めに着いてしまったので街中をぶらぶらして最終的には山口市立図書館へ。

山口市図書館はケーブルテレビ会社に隣接していて公園もあるなかなかよさげな図書館でした。さらに中で霧とパラメトリックスピーカを使った展示もやってました。







パラメトリックスピーカはかなり指向性の強いスピーカーで壁に音が反射して遠くまで届くので、館内のあちこちで虫の声っぽい音が聞こえてました。樹木が植えてある中庭では霧を使った展示もしてあって中に入るとこれがなかなか幻想的。びしょ濡れになりましたけどww。

で、展示観たり本を読んだりしてるうちにSI氏と色々迷走した挙句に何とか無事に合流。その後ちょっと時間があいたので秋芳洞周辺をぶらり。この時インテグラ Typr-Rに乗せて頂きまして。初めて2000ccクラスの6MT車に乗ったんですけど、ギアのレンジの広さとか加速力とかやっぱり別次元ですな…。気をつけてたつもりなのに1度エンストしてますし。



で、その後リー氏と無事合流。オススメの居酒屋でご飯にして、その後お宅にお邪魔して院生時代の様にどーでもいい事を話して寝て…とこれで1日目が終了。

2日目は秋芳洞へ行ってみることに。って行ったことないのは自分だけだったらしいですが。鍾乳洞とか初めてで寒いイメージがあったものの、人が多くて実はそんなでもなく。









入り口の川も綺麗だったけど中も色々あって凄かった。これが出来るまでに長い年月がかかってるとか胸が熱くなるな…。ちなみに普通のデジカメだとフラッシュ焚かないとまともに撮影できず、かといって他の人に迷惑になりかねないのでiPhone4のHDRモードで撮影。意外と綺麗に撮れるもんですね。

鍾乳洞の次は1日目にちょっと走った鍾乳洞の上。これが綺麗に草と岩しかなくてここは日本か?と思うほど。道も適度にくねっててちょっとドライブで楽しんで走る分には申し分ないです。



その後そのまま北上して萩へ行き、萩しーまーとでご飯。ここって港に隣接してるんですね。ご飯に海鮮丼を頼んだんですけどこれがなかなか。



これで確か1600円だったかな…。大変美味しゅうございました。で、ご飯のあとは親戚とか自宅とか某シナプスステーションさんにお土産を購入。シナプスステーションさんには展示の際にお世話になりましたし。…お土産考えてる時にツイッターで絡まれたからじゃないですよ?念のため。

しーまーとでお土産買ったら次は松陰神社へ。吉田松陰を祭神とする神社とありますね。塾跡とかが神社の敷地内に残されてます。と言うか、跡が神社になった…のほうが正しいのかな、この場合。



松陰神社を最後に萩から山口市へ戻ってきて、この時点で夕方。自分が19時の電車に乗って帰る予定だったのでそれまで山口の地元酒「獺祭」を探すことに。自分が酒がほとんどダメなので今までほとんど知らなかったんですけど、米の精米具合によってランクが変わるんですね。米の雑味の少ない中心部分だけを使った酒がもちろん稀少価値があって高い、と。

で、それがとある酒屋さんに置いてあって、まずSI氏が購入。自分も気になったので3種がちょっとずつ入ってる飲み比べ用を購入。帰ってから舐めてみましたけど味の違いはわかるけど以下自主規制。その他酒屋さんが色々な商品を見せては説明し…と本当に酒屋か?と思うところもあったけど、それはそれで見てて面白かったのでよし(ぇ。

ちなみに魔王が13000円で置いてあったのは内緒。地元に蔵元がある焼酎もあんな値段したっけかな…。まあいいけど。


と、以上で山口での全日程は終了。この後電車に乗って帰って来ました。正直あと1泊してもよかったかなーと思うものの、返って凝縮して遊べた気がしなくもないです。今度はリー氏が車を買った時に遊びにいくか、来てもらう方向でひとつ。