読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄箱PROのカーネルを更新

Google Browser SyncのFirefox3への対応は無いっぽい
Firefoxで手放せないアドオンだけに代替品が見つからないと困る orz


とまぁ、独立した記事にするほど話しを広げられないので頭に書いてみましたが、本題はこっち。

以前書いたように、シリアルコンソールキットを買い玄箱PROが復活しました。sambaの設定も終え、大体9MB/sは出るようになってます…がGigabit Ethernet (MTU:4102)を使ってるにしては遅いような…。追々調べて行きますか。

とりあえず復活したのはいいとして、debian化初期状態ではiptablesが使えない様なのでカーネルコンパイルする事に。ついでに2.6.25.6にアップグレードしてみたり。

参考にしたのはこのサイト。
玄箱Proのカーネル再構築 (きままなWebLog on 玄箱Pro)

今回はセルフコンパイルで行ったので結構時間がかかったようです(寝ている間にやったので詳細不明)。パッチを当ててから

# make oldconfig
# make menuconfig
# make uImage
# make modules

で普通に終了。出来イメージを/bootに放り込みリネームしてリブートであっさり起動しました。肝心のiptablesの方は今から(ぇ。

カーネルを更新してからsambaの転送速度が若干下がった様な気がしますが、気のせい…かなぁ。