郵政民営化の影響?

自宅に帰ってきてから、早一週間と少し。久々に生活費を引き出しに学校のATMへ。

私は100%親の仕送りで生きている”スネカジリ”ですが…今回はそんな事は関係無し(ぇ。


ATMに行って何が驚いたって、利用者数減のために来年3月末をもって大学設置の郵貯ATM廃止って書いてあるじゃないですか。

これって、あれか。
郵政民営化が確実となった今、出来るだけ早く無駄な物は排除しようという動きの一端か!?

そりゃまぁ、窓口は閉鎖しないって言ってましたけど…ATMは窓口扱いじゃなかったのか。


って訳でも無いでしょうが、この間の総選挙。自民圧勝で郵政民営化法案は可決確実…って出来事があったら疑いもしますって。


郵貯ATMをよく利用している身から言わせて貰うと、廃止するほど利用者少なかったっけと疑問符が浮かぶんですが。
そもそも、郵貯のメリットって窓口(ATM含)の多さだったと思ってましたが。


学校のATM廃止はおそらく確実として、次に近いのが自宅より500m先の郵便局。
廃止後も近いところに郵便局があるからいいものの、自民が公約破ってそこまで廃止されたら、次に近いのは4,5km先ですよ。

緊急時に仕送り簡単に下ろしにいけないや('A`)


確実とは言え、民営化する前からこの調子。一年後はどうなっているやら見当も付きませぬ。