FirefoxのアドオンをWeb Extensionsへ移行してみる

FirefoxのアドオンがXUL/XPCOM形式と言うんでしょうか、旧式からWeb Extensionsへ移行します。旧式はFirefox 57から無効になるようです。

ちなみにWeb Extensions化することでChromeOperaはともかくEdgeにも対応しやすくなる模様。

 

forest.watch.impress.co.jp

 

Firefox 57の公開まであと少し。なかなか移行に踏み切れていませんでしたが56にアップデートされたのを機に見直してみることにしました。

 

ちなみに移行前のアドオンを一覧はほぼほぼ旧式表示ですし、移行先が見つからなかったものもあります。また、今のところメインはChromeで用途によってFirefoxやEdgeを使い分けている状況です。

 

1. マウスジェスチャー

まずこれがなければ始まらない。タブの操作はキーボードショートカットの方が早くて確実だったりします。が、流し見する時は無いとお話にならないレベル。

旧式アドオンはFireGesturesを使っていました。マウスジェスチャーが浸透し始めた辺りから使っていた気がします。これの移行先はFox Gestures。タブを閉じるなどの一般的なジェスチャーは概ね共通のようです。


addons.mozilla.org

addons.mozilla.org

 

Web Extensionsの制限なのか、これ以外のアドオン含めAMOやAbout:supportのような特殊なページでは操作ができない模様。さして困る問題でもないと思います。

 

2. JavaScript

JavaScriptで表示されるコンテンツ(広告やポップアップなど)が煩わしい場合や安全のためJavaScriptを向こうにしたい状況がよくあります。

以前はTab Permissionsにお世話になっていましたが、これをQuick JS Switcherへ移行させました。Tab Permissions自体はJSの他、画像やフレーム、リダイレクトの有効化、無効化を切り替えることができ大変便利でした。一方移行先は名前の通りJSのみの対応。JSが一番使用頻度が高く、今回はこちらを移行先としました。

 

addons.mozilla.org

 

addons.mozilla.org

3. タブセッションの管理

Firefoxには終了時の状態を保存するオプションがあります。その保存状況を確実にしたい、もしくは複数の状態を保存したい事がありセッション管理用のアドオンを入れていました。

これまで使用していたのはSession Manager。自動保存や別ウィンドウのタブ一覧も保存できます。これの移行先はTab Session Manager。名前が似ていますが、詳細ページにもある通りSession Managerに強く影響を受けているアドオンです。そのため自動保存機能も装備。足りない機能も可能な限り実装してくれそうです。

 

addons.mozilla.org

addons.mozilla.org

 

4. タブの重複管理

調べ物をする時、とりあえず気になるリンクはばっと開いてあとから確認する派です。この時同じリンク先を開くことが少なくありません。メモリやタブの無駄なので重複するタブを開かないアドオンを使っていました。

これまで使っていたアドオンはDuplicate Tab Blocker。これをDuplicate Tabs Closeへ変更。デフォルトは重複タブの表示だけですが、設定で自動的に閉じることもできます。

 

addons.mozilla.org

addons.mozilla.org

 

5. ダウンローダ

ページ内の画像やファイルを一括でダウンロードしたいときに使っていました。

今まで使っていたのはDownThemAll。ページ内の画像、音声、動画などなど解析してリスト化、必要なものをダウンロードできます。特に動画に限って言えばVideo DownloadHelperも併用していました。これらの移行先はDownload StarとBulk Media Downloader。本来ならどちらかで済みそうなものですが、物によって大丈夫だったりダメだったりなので併用しています。

 

addons.mozilla.org

addons.mozilla.org

addons.mozilla.org

addons.mozilla.org

 

6. テキストをリンクへ

あえてアンカーを打っていないリンクの文字列をリンクのように扱うアドオンです。これはほぼそのままがありました。

 

addons.mozilla.org

addons.mozilla.org

 

7. HTTP/2表示

特に理由はないのですがHTTP/2対応しているサイトに接続した場合、その旨表示するアドオンを入れていました。

移行前はHTTP/2 and SPDY indicatorを入れていましたが現在はページが消失。移行後はHTTP/2 Indicatorです。

 

addons.mozilla.org

 

9. Hatena Bookmark

いわゆるはてブ用のアドオンで、ブックマークの登録やコメントの一覧が見られます。私はほぼROM専ですが。これは公式に新形式に対応が告知されていましたが、正式に対応したようです。AMOのダウンロードページは2.3.12ですが新形式は3.0.0以降になります。Chromeと同じもの…なんでしょうか。ダウンロード先はいずこ?

 

addons.mozilla.org

 

10. 移行ができない物や検討中のもの

もちろん移行先が見つかっていないものも多々あります。その中でも使用頻度が低くもういいかなと思うものもあります。

 

10-1. All-in-One Sidebar

サイドバーを作り、お気に入りなど色々な情報が表示できるようにしていました。必須と名高いアドオンですが、ChromeやEdgeに慣れてくると正直別に無くてもいいかなと…。

 

addons.mozilla.org

 

10-2. AutoPagerize

次へ、みたいなリンクを押さずともスクロールするだけで次のページを読み込み表示してくれるアドオンです。スクリプトで機能を拡張するアドオン、Greasmonkeyにもスクリプトがありますね。あるとあるで便利です。このアドオンはともかくGreasmonkeyはWeb Extensionsで対応できるんですかね。Greasmonkeyは今は入れてませんけど。

 

addons.mozilla.org

addons.mozilla.org

 

10-3. Download Manager (S3)

ダウンロードの状況をステータスバーのように表示してくれるアドオンです。このアドオン、作者によるとWeb Extensionsに対応するAPIがなく現時点で対応不可と言われているみたいです。標準のダウンロード表示はショボいので非常に残念。

 

addons.mozilla.org

 

11. 新規導入したもの

実は今回の移行で新規導入したものがあります。

省メモリでおなじみ、タブのサスペンドを行うアドオンです。Chromeでは既に入れている拡張機能Firefoxでも導入しました。Tab Suspender (Tab Unloader)です。振り分けで恒久的にサスペンドに入らないような設定や、一時的にサスペンドに入らない設定もできます。

 

addons.mozilla.org

 

 

細かいものもまだありますが、これでほとんど支障がないぐらいに移行はできています。マルチプロセスも晴れて有効になりました。プロセスとしては5つほど稼働しているようです。

 

ほとんどのアドオンが出始めのため、バグがあったり実は悪意のあるアドオンだったりする可能性があります。機能的に今ひとつな面も、もちろんあります。これから新形式のアドオンが増えてくることも考えられますし、もうしばらくは入れ替えも含めて試行錯誤が続きそうです。

 

2017/11/15 追記

Firefox Quantumが公開されたので、代替を紹介してくれているブログを漁る日々…。

rockridge.hatenablog.com

00.bulog.jp