読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RubyでGainer miniを使う準備

前回はRubytwitterを使う準備だったのが、今回はRubyでGainer miniを使う準備。

Gainer miniと言うのは何なのかはこちらの公式サイトを参考にして頂くとして…と言うのはさすがに手抜きが過ぎるかも。

Gainer miniはPCで簡単にセンサーやらモーターなどを制御するための開発ツールです。本来ならRS-232Cやらマイコンやら周辺回路を色々考えないといけない物を、PCとUSBで繋いでスケッチと呼ばれるCに似たプログラミング言語で書くだけで色々制御出来るようになる優れもの。(もちろんある程度の周辺回路は必要になりますが)

通常、Gainer miniはProcessingと呼ばれる言語やFlash (ActionScript)で使われる訳なんですが、実はC#だったりRubyだったりでも使える模様。PCから見たらただのシリアルポートですもんね。
実はWindowsアプリはまともに組んだことが無い…じゃなくって今回はLinuxマシンで動かす予定なのでRubyで使う方法を調べてみたり。

ぱっと調べた限りだと、Funnelと使う方法、Funnelから必要な部分を抜き出したgainer-rubyを使う方法があるらしく。後者のほうがFunnel Serverを使わない分シンプルなんですがここ最近リファレンス含めて更新されてないようなのでここは前者で…と言うところで実は止まってます(ぇ。

いや、本当に調べながらブログ書いてるんですって。


とりあえずgainer-rubyも可能性がまだあると言う事で必要なライブラリruby-termiosをインストール。gemで入れたバージョンは0.9.5、公式サイトにあるのは0.9.6と言う事で新しい方をインストール。

$ ruby{1.8|1.9|1.9.1} extconf.rb
$ make
$ sudo make install
$ make clean

Funnelはまた明日以降隙…時間を見てインストールしませう。


と言う事で本日の作業はここまで。

前回と今回でお察しどころじゃなく、Gainer miniに何か周辺回路付けてtwitterと組み合わせて何かしようと言う魂胆だろーと思われているかも知れませんがご名答。ま、枠だけ考えてるだけで実際入出力含めてなーんにも決まってないんですけどね。これは追々作りながらと言う事で。


さて、次回の作業は何にしようかな。とりあえずtwitterにOAuthの登録でもしようかな…。