Vista風味

新しいOSが出る。

でも高くて買えない。

せめて見た目だけでも次世代を味わいたい。

と言う事で、知ってる限りWindows 3.1の時代からOSの見た目だけを変更してくれるソフトと言うのが出てました。
(懐かしいとこだと、3DWIN95とか。)


Windows XPにおいても例外ではないようで、見た目をLonghornことWindows Vista風に変えてくれるテーマが色々と出ているようです。

今回は、その中の「Vista Inspirat」を試してみる事に。


Shell PackからVista Inspirat BricoPackを落としてきてインストールするわけですが、ここでちょっとした注意点が。

このテーマはMS公認じゃ無く、MS公認以外のものを使おうとすると、テーマを扱うWindowsのシステムファイルを書き換える必要があります。
書き換えない状態でもインストールは出来ましたが、タスクバーなどが変化せずかなり中途半端。


書き換えるファイルは、uxtheme.dll。書き換え済みの物がネットに転がってるのでそれを利用すると楽です。
XPのバージョン(SP)によっても種類があるようなので注意。

さらに、書き換えはSafeモードで行わないと保護機能が働いてうまく行かないようです。


uxtheme.dllの書き換えが済んだら、テーマをインストールします。
色々なファイルが書き換えられたり追加されたり…ちょっと時間が掛かるかもしれません。

インストールが終了して再起動すると、やる事は終わり。再起動後のログイン画面が通常の物から変わっているはずです。


ちなみにインストール後のデスクトップはこんな感じになっているかと。



タスクバーのスタートメニューに裏が透けて見えたりと、それっぽい感じになっているのではないかと。
アイコンをクリックした時も、アイコンが跳ねたりとギミックが付いてます。

重いと思ったときは、フェード効果やアイコンのエフェクトなどが外せるのもGOOD。


とりあえず、1日使ってますが特に不具合も無く。

強いて言えば、終了メニューのアイコンがずれていたり、ログオフメニューがうまく表示されないぐらい。
インストールの仕方がちょっとマズかった可能性もありますが。


見た目だけでも次世代を味わってみるのもそれなりに楽しい…かも知れない。