WebCamera

ふと、研究室にWebCameraを設置してみようと思い立ちまして。

そこ辺に転がっていたUSBカメラをWindowsマシンに繋いで、LiveCapture2を導入。

当初の予定では、ソフトにあるFTP転送機能を使う予定が、研究室の外向けサーバーがSFTPしか受け付けない模様。
そもそも、この機能が使えないとなると、定期的に取った写真をサーバーにアップしないといけないので、cron的なソフトも必要に。

と言う事で、Windowsでcron的な動作をするwronや、pycronを導入。
これらに、pscpWinSCPスクリプト機能を使って転送してみました。

結果から言うと、半分成功で半分失敗。
転送自体はうまく行きますが、転送時にウィンドウが出てくる始末。これだと鬱陶しくて仕方が無い。と言う事でさらに、アプリケーションをサービスとして起動するソフトを用い、サービスとして起動してみることに。

使ってみたのは、ExecSvc
これで、wronをサービスとして起動…出来ませんでした orz

そもそも、wronが起動出来ても、結局ウィンドウが出てくるんじゃないかと。
で、ここまで試して今日は挫折。


あと、考えられる手としてはcygwinを使うとか、Linuxマシンを使うとか。

しかし、こんな事で一日潰すとは思っても見なかった(´・ω・)