Winny裁判

色々と注目を集めている所謂Winny裁判ですが、一審判決が本日京都地裁であったようです。
結果的に、金子勇被告に対して罰金150万円(求刑懲役1年)の有罪判決をいい渡した模様。


この裁判の結果により、趣味でソフトウェアを公開し、それを悪用されたら幇助罪に問われるのではないかと言われているようです。

Winnyについては、初めから著作権法に挑戦するつもりがあっただの研究目的だっただの色々言われていて、その経緯についても色々な解釈があると思います。

とりあえず個人的な賛否の立場は置いといて、本当にそうなるのならそれなりの影響が出るんでしょう、きっと。


その分野を研究する研究者が減るとか、色々なソフトウェアに対して何らかの団体に文句言われて結局使えない物になってしまったり。

実際問題、この状況で研究ネタでP2P使うとなると…ちょっと迷う(^ ^;

確かに悪用される危険性があるんだったら何らかの対策はもちろん必要だと思うんですが、それが本質的な機能を潰してしまっては本末転倒な気がする…。

著作者の権利を守りつつ使う人にも優しいって難しいですねぇ…。


まあこんな戯言はともかく、著作物で利益を得てるのに違法なファイル交換やらDVDの違法コピーを煽ってる雑誌類の方が如何なものかとと言うのが本音。