XHTMLを書く

研究室のサーバーに置いてあるサイトが非常に殺風景だったのが気になって、夜中から更新開始。

1からデザインを考えるのも面倒だったので、適当なところからスタイルシートやらをDL。
ここで、せっかくなのでXHTML形式で書いてみることに。

元々整合性の取れてないHTMLを整形式に直したりと変な所で時間を取られつつも書き続けた結果…

DTDにそってないXHTML(厳密には違う)が出来ちゃった

具体的に言うと、strictモードの時ってフォントタグとか使えないのね…普通に使ってしまったのだが orz
あとは、スクリプトスタイルシートの禁止文字を使ってしまったりと全然仕様に沿ってない状態に。

とりあえず表示はされるものの、このままだと気持ち悪すぎるのでちょっとずつ改善していく方向で。